高収入が叶うガールズバーの本当の魅力

しっかりと自信を持って言えます

結構色んな人からアルバイトは何をしているのかと聞かれますが、私は自信を持ってその都度ガールズバーで働いていると答えています。大体の人はえっていう反応をしますが、それはガールズバーがどういうところかを知らないからそういう感じになっています。私はしっかりと求人をみてからここで対入として働いていますが、正直こんなに人生の勉強が出来るアルバイトって無いと思うんですよね。求人にも書いてありますが、まずお客さんが色々な人がやってきます。たとえば普通に弁護士とか公認会計士、税理士みたいな頭の固そうな人もきますし、お笑い芸人さんみたいな楽しい人たちもきます。そういう普段では絶対に知り合えないような人とお話が出来ますので、私自身の人間の幅がかなり広がるんですよね。アルバイトだから手を抜けるなんてことはまずありえません。この仕事は常に求人に書いてある通りプロとして最善のサービスを提供しなければいけないため対入でもその厳しさは分かります。

女性画像

自分の都合を通した上で稼げるお仕事

ガールズバーのアルバイトは話し好きな人じゃないとダメかもしれないと思うけど、そんなこともありません。お店によってということはあるけれど、そういうことも気が使われていたりするからです。キッチンのほうのお仕事だとお客さんと話すのがメインじゃないんで、そっちのお仕事にまわしてもらうとかそういう融通も利くからです。私の場合はそれを目当てに求人に応募したわけでもないんですが、入店してみたらもっと働きやすい条件が用意されていた、というわけです。どのお店にしても基本的には、働きやすくすることには気を使っていると思います。例えば日払いでお給料を出してくれたりするのもそのためでしょうし、シフトとかでも相談に乗ってもらえやすいのもそのためだと思います。時給がいい分いろいろと我慢させられる仕事も多いもんですけど、ガールズバーのお仕事に関して言えば、自分の都合を通した上で稼げるものだとは思います。短期でも受け付けてるはずですから、ちょっとでも興味あるならアルバイトしてみるのも面白いかと思います。

バイトの時給が低いので条件のいいガールズバーに

大学に進学してからすぐに私はバイトを始めました。20歳になるまではファストフードのお店で昼間に働いていましたが20歳になってお酒が飲めるようになって夜のお仕事をするようになりました。求人を見ても昼間より夜(特に深夜)のバイトの方が時給が良かったのが変えようと思った理由です。最初は晩御飯がお店で食べられる居酒屋さん、焼き鳥屋さんにしようと思っていました。でもそれより時給がかなり高かったのでガールズバーを選びました。ガールズバーがどんなお店かはあまり詳しくわかっていませんでしたが、何とな~くお酒を作って男のお客さんに提供するお店かなと思ってました。入店してみて私が想像していたのとはあまり違わなかったので割とお仕事には早く慣れることができました。同級生の子は居酒屋をバイトに選んだんですが収入ではだいぶ私の方が多かったみたいです。あの時居酒屋を選ばずにガールズバーにして良かったと思います。同級生にも勧めてます。